2016年09月18日

イライラして人に当たるとき、そのイライラの原因は自分にあるのです。

もうずいぶんと前の話なので

何についてイライラしていたのかは忘れてしまったけれど

息子のことで、怒っていました。


ホントにもうあいつはなんでこんなんやろうとか

多分。。

そう思いながら、台所仕事をしていました。

多分、なすかきゅうりか、

いやいや何か緑色の手ごたえのあるやつ。

だから、ズッキーニかゴーヤかを切っていました。

その時に自分の大事な指も切りました。

腹立ちまぎれに、かなり思いっきり。

左手の人差し指と爪もけっこうな出血で、痛い。。

痛いってば(>_<)


その後で、息子が登場したので

わたしが指を切ったのはあなたのせいだと

大人げなく笑。

あなたがわたしをイライラさせたからだと言いました。


そしたら、息子は

「はぁ。。勝手な!」

「そんなのは単なる言い訳で、イライラするのはお母さんのせいなんじゃない?」

と言い放ったのです。

わたしは、二の句が継げぬとはこのことで

黙りました。


怒りは収まらないけれど。

しかし、後から考えるにまったく息子のいう通りです。

その通りです。

イライラしているのは、外で起きていることではなくて

自分の中でのこと。


責任転嫁もいいところで、都合よく人のせいにしました。

なぜにそういう気持ちになったのかを、よ〜く考えてみます。

そして、それは何がそうさせたのかがわかりました。

それはわたしの中にある「不安」でした。

ナリ心理学を読んでわかりました。


なるほど、なるほど。

あなたも読んでみてください。

深〜〜いです。

あ。とてもシンプルなことかもだけど、できると楽しく生きられる方法ですね。

まる。


☆ナリ心理学
参考にさせていただいたブログはこちらです



posted by ハッピーモリンダ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176928133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
count