2014年01月12日

美味しいものを食べられて嬉しいにつけても友だちでいてくれてありがとうという気持ちです。

以前、一緒に働いていた友だちとご飯。

それぞれのお誕生日の頃に会うことにしています。

だから、年に2回です。

今日はお寿司にします。                                                                                                       1-66.jpg

ここは松のさん。

大きなネタのお寿司が有名だから

遠方からもお客様がおいでます。

2時間かけてとか4時間かけて来たとか

皆さんカウンターで話されています。


2人ともが元気でまた会えたことを

喜びつつ、美味しいものを次から次に注文します。

今では慣れたけれど。。

最初は、かにやイクラを見ただけで

笑っていましたよね〜(笑)

漏れこぼれそうに盛られているから                                                                                               1-65.jpg


よくよく考えたら、彼女とはもう30年以上の友だちです。

もちろん、美味しいものをいただける幸せを思いながら

こうして、長い間変わらぬおつきあいをしてくれて

ありがとうという気持ちになります。

近況報告と身の回りのこと、そして昔話などなど

懐かしい話も出ますが。。


またね。

おかげさまでありがとう。

今年も美味しいお寿司をありがとう。

まる。







スライブマキシドイドのことならおまかせ!

マキシドイド・タヒチアンノニジュースは
「ヒロリンのタヒチアンノニジュース通販ショップ」
にて販売しています。
興味のある方はぜひご覧くださいね♪


私のフェイスブックページはインターネットからもご覧になれます。
よかったらこちらも応援してくださいね。

ハッピーヒロリン

ライフスタイル向上委員会

ノニ(森博美)(タヒチアンノニジュース)




人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
上の「人気ブログランキングへ」という
文字のところを
クリックしてみて下さい。


いつも応援してくださりありがとうございます。
ペコリ m(__)m
読んだよ。見たよのひとことでもいいです。
皆さんからのコメントが嬉しいです〜♪




posted by ハッピーモリンダ at 23:19| Comment(3) | TrackBack(0) | なにかしら美味しいもの
この記事へのコメント
☆昔からのお友達で、ずっと気の置けない人がいるというのは良いですね〜。(^_^.)
私も二十数年前に一緒の会社で勤めた仲間と何故か気が合って、大体一年に一遍はひなびた温泉などに泊まって旧交を温めています。
現在はそれぞれに仕事も環境も違うけれど、逢うとすぐに最近の出来事や笑い話や悩み事や昔のドジ話などで大いに盛り上がります。(^^)
やはり、本音を何の気兼ねもなくぶつけ合う仲間がいるというのは大切なことですね。本当にお互いに元気を貰えるし、幸せな気分で帰ってくることが出来ます。(^o^)
そして、家族・仕事・友達・御近所・親戚などの人間関係が、無理をしたり気負ったりしなくても自然と流れていけるような雰囲気を持つことが大事なのかな〜と思ったりしています。
その人間の持っている雰囲気(人となり)というのは、一朝一夕に出来るものではなく、今まで関わった人や自分の物の考え方が全て織り込まれているのだな〜と、つくづく思います。

あと、このお寿司屋さん、画像を見て私も行ってみたくなりました。(^u^)   一点豪華主義というか半端じゃないネタの大きさは、何か他の仕事の集客効果のヒントになりそうですね。(^O^)

ところでいつも思うのですが、ブログなどでの博美さんの文章はとても自然で素敵な文章だと思います。このページの『美味しいものを食べられて..』というのも、最近はほとんどの人が『食べれて..』と、《ら抜き言葉》を使う人が多いものです。
1/15のページの、『携わってきています』などは綺麗な日本語だと思います。 (^^)/
近年、上はいい年配の大人から下は小学生の子供まで、『語尾上げ言葉』や『何々じゃないですか〜』などと使うのが流行っているようですが、私は正直言ってこういう言葉遣いは好きではありません。(^_^;
その他にも『何々は全然いいです』とか『何々のほう、大丈夫ですか〜』なども聞いていて良い印象を持ちません。 あの吉永小百合さんも何かの対談で『今は日本語と言えない言葉を使っている人が多いですね』と言っていました。
私も、親しみを込める話し方と、良い印象を与える話し方とは違うような気がします。  少なくとも相手が聞いていて違和感や不快な感じを受けないような言葉遣いを心がけるだけでも相手が受ける印象は大分違ってくると思います。
たぶん博美さんの場合は、そんなに意識されなくて自然に書かれたり話されている中で生まれてきているものだと思います。そして何故かこういう文章に接すると心が安らかになります。 (^^)

長くなってごめんなさいね。 あ、御返事は気にされなくて良いですよ。。  (^_-)-☆


Posted by 近藤耕二 at 2014年01月29日 14:55
近藤耕二様

いつも、コメントをいただきましてありがとうございます。そして、お返事がおそくなりましてごめんなさい。

昔からのお友達は大事にしたいですね。
気のおけない間がらが理想ですし、気兼ねなくなんでも言い合えて楽チンだし楽しいです。

幼なじみも腐れ縁も趣味の仲間たちもそれぞれにかけがえの無い人たちです。
多分、ひと歳まわったからなおさら感じるのでしょう(笑)。
近藤さんも大切な友達がいらして素晴らしいです^^

そうそう。このお寿司やさんはなんのかんので毎年行ってるのでした〜(笑)
ブログにも何回も登場しておりまする。。

ブログは。。
「相変わらずゆるいことを書いていますね」
と、パソコンの先生に言われていますので。
ただ、心がけていることはわかりやすく書くということです。もしかしたらそれが丁寧な文章という印象になるのかもです。

何かと褒めていただいて、ありがとうございます。近藤さんには感謝のまるです。

こんなにたくさん書いてもらって。。
しかもわたしのブログよりも長文ですよ(笑)
Posted by ヒロリン at 2014年02月12日 20:50
あ。3年前にも書いておりましたよ〜

http://hiro.morihon.com/article/41680386.html?1392206090
Posted by ヒロリン at 2014年02月12日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85226424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
count